相川研究室

更新情報・お知らせ

2018年3月20日 ~ 3月23日
[ タイトル ] 漸化式を用いた低遅延帯域通過最大平たんFIR整数階微分器
[ 共同発表者名 ] 國井 良介 相川 直幸
[ 学会・会議名 ] 2018年電子情報通信学会総合大会
2018年2月16日 ~ 2月16日
[ タイトル ] Size- and Software- Based Differentiation of Normal and Cancer Cells
[ 共同発表者名 ] Babita Shashni, Shota Shiina, Kazunori Akimoto, Takuto Maeda, Naoyuki Aikawa, Ryo Abe, Tomohiro Osaki, Norihiko Itoh, and Shin Aoki
[ 学会・会議名 ] つくば医工連携フォーラム2018
2018年1月22日 ~ 1月23日
[ タイトル ] 通過域平たん基準かつ阻止域等リプル基準に基づいた低遅延低域通過整数階微分器の一設計法
[ 共同発表者名 ] 藤川 貴浩 國井 良介 吉田 嵩 相川 直幸
[ 学会・会議名 ] 電子情報通信学会信号処理研究会

最終更新: 2018年6月7日

参加した学会発表をさらに見る

プロフィール

相川 直幸教授

学歴 1985年 山梨大学 工学部 電気工学科 卒業
1987年 東京都立大学 工学研究科 電気工学専攻 修士課程 終了
取得学位 東京都立大学 博士(工学)論文
受賞
2013年3月7日
電気学会 技術委員会奨励賞 (電気学会)
「L1近似による複素係数を有するFIRディジタルフィルタの設計」
2012年10月30日
IEEE Information Theory Society Japan Chapter Travel Support Award for Young Researchers(IEEE IT Society Japan Chapter)
「An L1-Method for a Designing FIR Digital Filters with Complex coefficients」
2012年9月5日
平成24年電気学会C部門大会 優秀ポスター賞(電気学会)
「複素係数を有する可変FIRファンフィルタの一設計法」
ほか
学会活動
2017年6月1日~2018年6月7日
電子情報通信学会
常任査読員
2017年6月1日~2019年6月1日
電子情報通信学会 信号処理研究専門委員会
副委員長
2017年1月1日~2017年12月31日
電気学会
制御工学分野における信号処理技術の応用展開調査専門委員会委員
ほか
詳しくはこちら

連絡先

〒125-8585
東京都葛飾区新宿6-3-1研究棟10階相川研究室

メンバー

助教

名取 隆廣

博士2年

國井 良介

修士2年

川原 健太
木村 宇量
國吉 勇輝
桜井 優里
藤川 貴浩

修士1年

枝村 卓
海老澤 慧
小川 幸祐
三上 暢洋
吉田 健斗

学部4年

有山 夏子
井本 崚介
餌取 直輝
大津 龍生
小林 優太
坂本 貴望
高橋 基樹
平岩 吏生
星 大樹
堀江 雄登
三浦 大輝
安原 成美

研究紹介

ディジタルフィルタの設計

高品質通信や高精度計測などに求められている最適なディジタルフィルタをフーリエ変換や凸射影などの数学的なテクニックを応用して設計しています。
>詳しくはこちら

音響処理

音響信号処理は様々なオーディオ機器や携帯電話など現代社会においてなくてはならない技術となっています。 本研究室では異なった音が入り交っている信号の中から目的となる音の信号を取り出すための手法やフィルタバンクの設計手法について研究しています。
>詳しくはこちら

画像処理

画像処理技術を用いることで、画像から必要な部分のみを探し出すことができます。
本研究室では、ネジのバリ自動検出、白血球細胞の自動分類、超解像技術、がん細胞の計量、土の粒度解析、タオル上の毛髪検出について研究しています。
>詳しくはこちら

脳波

医師の解析結果をシミュレートした自動解析システムの研究・開発などを行っています。
これらを用いて医師の負担を軽減したり、現在脳がどのように活動している状態なのかを解析することができます。
>詳しくはこちら

e-Learning

GUIにより講師がWeb上のシステムに演習問題を追加でき、学習結果を自動管理できるシステムの開発や、ハードウェアを理解している技術者が減少している問題に対し、E-learningによる技術者向け教育支援ツールの開発を行っています。
>詳しくはこちら

通信

ディジタル通信システムの高速化・高信頼化を目的として研究を行っています。
>詳しくはこちら

電気回路2

※H30年度の電気回路2コースを履修している方へ
電気回路2コースの学習支援システムです。オンライン上で演習問題に取り組むことができます。

電気回路2の学習ページへ

ギャラリー

ギャラリーはこちら!